看護師の就活

看護師になる為の就活の際にはまず自己分析が大切です。 次に求人情報をチェックし、応募先が決まったら情報集めを行う必要があります。 そして志望動機をきちんと整理しなければいけません。

メニュー

看護師になる為の就活の流れ

看護師,就活

看護師を目指して就活を行う際には事前準備をしっかりと行う事がポイントになりますが、まずは自己分析が重要になります。 自己分析から導き出される自己PRはエントリーシートや面接の際に必須になるアピール材料ですが、非常に重要視される部分でもあります。 いかに効果的に自らをアピールするかがポイントですので、その為にも自身を見詰め直し、どういった強みがあるのかを整理する必要があります。 次に求人探しを行い、応募したい病院が見付かったら情報集めを入念に行う事が大切です。 情報集めをきちんと行わないと入職してから「イメージと違う」という事態にもなり兼ねません。 実際、そういったギャップによってすぐに離職される方も珍しくありませんので、自身の希望にマッチする病院なのかどうかを見極める事が大切です。 応募する病院が決まったら募集期間内に速やかに手続きを行い、そして志望動機を明確にする必要があります。 志望動機を考える際にも病院についての情報をよく集め、なぜ他の病院ではなく、その病院が良かったのか、そしてその病院に入り、看護師として何をやりたいのかという事を整理する事が大切です。 ありきたりな志望動機では志望度が低く見えてしまう原因にもなりますので、内容には注意が必要です。 529

看護師のやりがいについて考える

看護師,就活

皆さんは看護師と言う職業についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。恐らく多くの方が、きつい、つらい、きびしいというあまりイメージを持っていないのではないでしょうか。かつて戦前では看護師は看護婦と呼ばれていましたが、あまり生活的に恵まれていない、学歴、家柄とも貧しい方がなる傾向がありました。理由としてはけが人、病人の看護というのはやはり衛生的に悪く、感染したり、汚いというイメージが非常に強かったからです。しかしながら現代においては医学や衛生環境の発展に伴い、そのような不衛生で厳しい、汚いという劣悪環境からは解放されつつありますが、やはり夜間勤務や残業、また高齢者の増加による老人相手の医療行為が増えてきたことによる影響もあり看護師の労働環境が劣悪化しつつあります。そのような環境下で看護師たちがやりがいを感じれる環境を整備しないとこれらからの高齢化社会においてより不足することが明らかです。厚生労働省や医療業界などは何とか労働改善とイメージアップに向けてまずは看護師のやりがいそのものを見つけてもらうモチベーションアップを考えています。その方策として、まずは労働時間の整備です。子供が生まれても働ける環境を整えてあげることが必要です。 530

更新履歴

サイトマップ

Copyright (C) 2014 看護師の就活 All Rights Reserved.

531